杉江産婦人科 元町 生駒 生駒市 生駒駅 産婦人科

無痛分娩

陣痛の痛みに対して恐怖心を持っている方・・・
ソフロロジーで陣痛を乗り切ろうとしたが、限界に達してしまった方・・・


そのような方々には、硬膜外麻酔による無痛分娩をお勧めします。
脊髄は大切なところなので、硬膜という硬い膜で包まれています。その外側にある硬膜外腔に細いチューブを挿入、留置し、そこに濃度の薄い麻酔剤を注入すると陣痛が大幅に軽減します。
意識に変化はありませんので、最後はいきみを加えて、自分の力で産むことが出来ます。

硬膜外麻酔による無痛分娩は安全ですばらしいものですが、

「陣痛に耐えてこそ、一人前の母親になれる」
「無痛分娩は危険なもの」
「無痛分娩を受ける人は、我慢が足りない人」


という考え方が一般の方や産婦人科関係者の間にも根強くあり、これが日本での無痛分娩の普及を妨げていると思います。私は昭和55年以来長きにわたり無痛分娩を施行していますが、危険な思いはしたことがありません。

ソフロロジーの盛んなフランスでは、前半はソフロロジーで陣痛の波を乗り切り、後半は硬膜外麻酔のもと産むというのが主流となりつつあります。このように、ソフロロジーと硬膜外麻酔は協力関係にあるものです。

無痛分娩は24時間対応が可能ですので、分娩の日を決めて計画分娩を行うことはありません。